過去も未来も忘れられない

 

今年のゴールデンウィークは楽しかったってあのコンサートを入った人たちは口を揃えて言うと思う。皆さんそうですよね?


きっかけはよく覚えていないけど、その数ヶ月前から彼らに対しての思いが大きくなっていた。

 

元々Sexy Zoneのことは大好きだった。実は自分はヘイセイジャンプのファンをしていることもあって、その後輩にあたる彼らをデビュー時から陰ながら見守ってきたし、2013年辺りでは1番かも?と思うこともあった。それからはセクゾのバックにも付いてた元ジャニーズJr.のことを応援していた為、彼が活躍する現場は大抵Sexy Zoneのコンサートだったし、親友や家族がセクゾ担だったからか5人に何かあったら他人事とは思えなくて、両サイドの意見を耳にしていた。私のジャニヲタとしての生活とSexy Zoneは切り離せない関係だった。(今でも)


私は今でもいわゆるJUMP担でそれを基準にジャニヲタとしての生活を送っているから、これまでの優先順位的には JUMP>>>Sexy Zone だった。
それがいつの間にかJUMP=Sexy Zone になっていたし、これまで絶対的勝利くん推しだったのにマリちゃんからも目が離せなくて一人に決められない状況にまで追い込まれた…。グループに対してはもっと彼らが大きくなる為にはああしたらいいのに、こうしたらいいのに…と考えることが多くなって、陰からではなく真正面から応援したい!!!!と思うようになった。
家には姉がマリ担ということもあってデビュー〜(セク鬱時代を飛ばす)現在までの映像があるから、それらをひたすら見た。デビュー当時のメンバーは期待と希望で輝いて見えたけど瞳の奥には不安な気持ちを隠してて、改めて見るとデビュー出来て嬉しい気持ちだけじゃないんだな…と感じさせられた。


そして「Sexy Zone presents Sexy Tour 2017〜STAGE」横浜アリーナ公演の日を迎えた。
初日5/3はどうしても友達と日程が合わず1人で観に行くことに。ネタバレをほぼ見てなかったので会場入りした瞬間から驚いた。いや、だって、…外周が…ない!!!!!!メインステと、バクステと、…センステ……もない!!!!セクゾコンと言えばJr.も外周を駆け回ってファンサしまくるもうやりたい放題なお祭だったのに…セクシーゾーン様どんなことするの〜〜〜〜とますます気持ちが高ぶってきた。スクリーンにはカウントダウンが表示されていて時間が迫ってくると会場もハラハラしてきて久しぶりにコンサート前にドキドキした…

 そしてSexy Zoneが本当にこの世に存在することを2年ぶりにこの目で確認した私は涙が止まらない…いやいや貴方たちが存在していいの?だめでしょ…もうわけが分かりません。(笑)

 

曲が終わる度に「フゥーーーっ!」とか拍手が聞こえてきて、その歓声にいちいち鳥肌が立った。煽ってるわけじゃなくて素直に「良いパフォーマンスだったよ!」ってファンが5人に伝えているみたいで、ジャニーズの現場では新鮮だな〜って感じたし(経験上)、外国の舞台みたいでお洒落じゃない!?(笑)とにかくそれがすごく素敵な雰囲気だった。

5周年ってこともあってセトリも名曲揃いだったからイントロが流れて「わあーーーーーーーッッ(キタァーーーーーーー)」ってファンがリアルに沸いてて、みんな一曲一曲に思い出があるんだな…って。特にrougeだと分かった瞬間の盛り上がりはすごかった。大体の人が崩れ落ちてたもんね。(自分)

 

「Celebration」で勝利くんが「過去も未来も忘れていこうぜ〜〜〜〜〜〜!!!!」って歌うとこがある。当たり前のようにそれに対して「いぇーーーーい!」って応えたけど、冷静になってマジレスしちゃうと、忘れちゃダメじゃない?この歌詞では今を楽しむ為には過去も未来も忘れていこうって伝えたいんだろうし、深く問い詰めるところでもない。

でも、今回のコンサートで会場の皆んなが5人のことを見たくて会場に足を運び、5人が同じ衣装を着て、同じステージ上から登場してきて、5人が肩を並べて歌ったり、5人全員にソロ曲があって、その時ファンはペンラの色をメンバーカラー1色に揃えたり、、5人のことが大好きな人たちだけで埋まった会場。これが当たり前なはずなのに、こんなにも嬉しくて涙が出るのは何でだろう?

その理由はこれが当たり前じゃない過去があったからじゃないかな。あの過去がなかったら、今回の演出にあんなに感動することはなかったし、あの誰もが素敵だと思う空間を作ることは出来なかったかもしれない。それだけじゃない、あの過去のなかで自分の武器を見つけた子もいれば、あの過去を楽しんで必死になった子もいる。そうやって考えると、風磨くんが言ったみたいに、あの過去さえも愛おしいって少し思えてきちゃう自分もいて。もちろん完全に許せるわけじゃない。あの時メンバーやファンが悲しんだ時間以上に、これからは楽しすぎて笑っちゃう時間を1秒でも長く刻めますように。

過去を引きずるのはよくないけど、完全に切り離すことは私には出来ない。だからあの「過去」を忘れず「未来」に期待しながらSexy Zoneとの「今」を楽しみたいって今回のSTAGEを見て強く思った。

でも勝利くんが「過去も未来も忘れていこうぜ!」って言うなら、私は忘れるね。(ちょろい)

 

Sexy Zoneの皆んな、これからもこれまで以上によろしくお願いします。(笑)